人を憎む弱さをみた
おどけ笑いのうしろに
忘れていた ひとりのGameに
孤独の血が かよいだす

Knifeを にぎりしめた
18の日々が甦える

爪を染める マニキュアのように
オマエの笑顔も かわってゆき
たったひとつの喜びさえも
時のすきまが 消してゆく

Knifeを にぎりしめた 18の日々が甦える
もっと! もっと! 孤独よ踊れ もっと 鮮やかに もっと! もっと! 孤独よ踊れ もっと 鮮やかに
Knifeを にぎりしめた 18の日々が甦える Knifeを にぎりしめた 18の炎が甦える もっと! もっと! 孤独よ踊れ もっと 鮮やかに もっと! もっと! 孤独よ踊れ もっと 鮮やかに