2016のテスト
無料なので入れ、セッティング中allan Projectサイトのみ設定中の日本語を消してしまった。
ネットワーク上の他サイトは無関係に選択出来る事から、、あ、そか参照すりゃいいか

サイト>プラグイン>設定に参照した内容を写す事で無事復旧
「.htpasswd」は別で作るとして、「.htaccess」は以下のように書く。

<code>
AuthType Basic
AuthName "Member Only"
AuthUserFile /パスワードファイルのルートからのパス/.htpasswd

<Files 制限したいファイル名>
require valid-user
</Files>
</code>


「Files」というタグを使用するのがポイント。
通常のディレクトリに設定するBasic認証では、サンプルコードの1/2/3/6行目で作る。
6行目の「require valid-user」で許可された者だけのアクセスさせるのだけれども、それを5/7行目で挟むと、特定のファイルのみBasic認証をかけられる。

基本はこちら
http://allabout.co.jp/gm/gc/23780/
「.htpasswd」は別で作るとして、「.htaccess」は以下のように書く。

<code>
AuthType Basic
AuthName "Member Only"
AuthUserFile /パスワードファイルのルートからのパス/.htpasswd

<Files 制限したいファイル名>
require valid-user
</Files>
</code>


「Files」というタグを使用するのがポイント。
通常のディレクトリに設定するBasic認証では、サンプルコードの1/2/3/6行目で作る。
6行目の「require valid-user」で許可された者だけのアクセスさせるのだけれども、それを5/7行目で挟むと、特定のファイルのみBasic認証をかけられる。

基本はこちら
http://allabout.co.jp/gm/gc/23780/
「.htpasswd」は別で作るとして、「.htaccess」は以下のように書く。

<code>
AuthType Basic
AuthName "Member Only"
AuthUserFile /パスワードファイルのルートからのパス/.htpasswd

<Files 制限したいファイル名>
require valid-user
</Files>
</code>


「Files」というタグを使用するのがポイント。
通常のディレクトリに設定するBasic認証では、サンプルコードの1/2/3/6行目で作る。
6行目の「require valid-user」で許可された者だけのアクセスさせるのだけれども、それを5/7行目で挟むと、特定のファイルのみBasic認証をかけられる。

基本はこちら
http://allabout.co.jp/gm/gc/23780/
参)http://www.suzukikenichi.com/blog/6-ways-to-improve-page-speed-by-optimizing-javascript/

ブラウザは1度ダウンロードしたデータをローカルにキャッシュします。
再度同じデータが必要になった時はローカルにキャッシュがあればサーバーにリクエストせずにキャッシュデータを利用します。
すでに自分が持っているデータを使うのでレスポンスが速くなります。

キャッシュは期限が切れると削除されますが、ExpiresというHTTPヘッダーを使うとキャッシュ期間の強制的な指定が可能です。

ウェブサーバーがApacheの場合、.htaccessまたはhttpd.confでExpiresヘッダーを設定するとJavaScriptのキャッシュ期間を制御できます。

たとえば下のように記述できます。

<IfModule mod_headers.c>
<IfModule mod_expires.c>
ExpiresActive On
ExpiresByType text/javascript "access plus 4 weeks"
ExpiresByType application/x-javascript "access plus 4 weeks"
ExpiresByType application/javascript "access plus 4 weeks"
</IfModule>
</IfModule>

JavaScriptファイルに最初にアクセスした時から4週間が過ぎるとキャッシュが期限切れして消えます。
言い換えると4週間はローカルにキャッシュが残ります。

期間の指定方法には種類があります。
詳細はApacheのドキュメントを参照してください。

なおサーバーにmod_expiresモジュールがインストールされていないと機能しません。

またJavaScriptだけでなく他のコンテンツのキャッシュ期間の制御にもExpiresヘッダーは使えます。

僕は画像ファイルのキャッシュ期間も設定しています。

ExpiresByType image/gif "access plus 4 weeks"
ExpiresByType image/jpeg "access plus 4 weeks"
ExpiresByType image/png "access plus 4 weeks"

ファイルタイプ(MIMEタイプ)の指定もApacheのドキュメントを読んでください。

JavaScriptのファイルタイプはドキュメントには書かれていなくて調べたところいくつかあるようです。
サーバーの環境や利用しているCMSによって違っていて一般的に使われている3つの種類を僕は記述しています。

具体的な記述は元記事に書かれていません。
僕が自分で調べて以前から利用していた記述を紹介しました(もっと適切な記述を知っていたら教えてください)。

キャッシュ期間をどのくらいに設定するかが問題ですが、これは自分で考えてもらうしかありません。
僕が設定している「4週間」に合理的な意味があるわけではありません。
「これくらいでいいかな」で決めました。(笑)
※RFCに従えば1年以上の期間を指定してはいけないようです。

またhttpd.confではなくて.htaccessに書くのなら「4 weeks」よりも数値のほうがパフォーマンスがよくなるかもしれません。

注意しなければならないことは、まったくあるいはほとんど更新がない静的なファイルにExpiresヘッダーを使うことです。
更新してもキャッシュを使ってしまうのでブラウザに残っている古いデータが使われてしまうからです。

更新した場合はファイルの名前を変えるといいでしょう(初めてリクエストするファイルにしてしまう)。



Allan siteでのプレビュー用にFWからのスライドショー作成を検証
・CS6純正機能ではswf verしか生成されない為検索
・extentionにCreate Demo有り
http://fireworks.smashingmagazine.com/2013/04/04/create-demo-adobe-fireworks-design-prototypes/

prototype.js利用のソース生成を確認
 →タイミング調節やdonate画面の削除は不能

prototypeでのタイム調節は関連から
参)http://d.hatena.ne.jp/atsam/20081202/1228216097

    new Effect.DropOut(id, {
		from:0.0, // 開始時透明度
		to:1.0, // 終了時透明度
		fps:60, // フレームレート
		duration: 1 // アニメーションする時間(秒)
    });

と推察、置き換えてみるが場所が多いので、、、、保留。

※取り敢えず目的は80%OK

iOS用にstage100%だけindex.htmlに付けないとはみ出るので、DWでのレスポンシブデザインに放り込んでみるが、エラー。

bodyにwidth:100%は既にあり。

  1. <meta name="viewport" content="width=device-width, user-scalable=no, initial-scale=1, maximum-scale=1">


で、scalable=yesに変更し当面は「まぁ見れる」ものになる。

尚、途中からDWだけでできたりしね?と思ったが、、、、museにその機能?
まぁそうかーと思いながらfireworksの開発終了に気がつき、、解体か。。。?


○広義的にプロトタイプ作成の連帯アプリTAPも発見
 http://www.adobe.com/jp/devnet/fireworks/articles/fireworks_tap.html

  but 本牧的とはずれる上phpセッティングが必要な為詮索は見送り

DWからITPARKルートへのFTP UP時にエラー発生、中段してしまう。
→locale内の他国語言語ファイルがftpパーミッションに掛かっていると思われるためen, jpのみのアップにて回避。

→動作はしたが「php.iniが無いので設定してくれ」となる。ルートログイン出来ないので結構面倒。

→itparkのphpパスを確認 

////と作業を進めていたが、apacheの再起動やら扱える部分にリスク高を感じ、作業中止。
勇気ある撤退でタスクを進める事にします。

※本タスクはphp.iniの適正設定(パス等heteml CPで確認出来る部分)にて容易な為、終了。
ec-cube DBの脆弱対処には再インストールとIT PARK DBコントローラより対処と決定。

*php5でmysql拡張は非推奨化されたので今後は簡単な処理を確実にしておく事
テストver html作成
com/index上でiframeをhide
 →iframe処理でphpBBに丸投げされてるのでphpBB上にて変更 よってテスト無し
users voiceの投稿ポタン hide
cover message
※当スクールを受講された皆さまの感想を一部ですが紹介します。

投稿は左の「新規書き込み」ボタンよりご送信ください。

phpBB3上ではそのまま運用 →モデレータ画面での運用法をショット付きで連絡



mano-libre.com発生の模様
・現行環境での動作確認
・win8実行環境(プレビュー)の捜査
・case捜査

上記すべて非表示なので捜査 → 6/14仕様変更と確認
https://dev.twitter.com/ja/docs/embedded-timelines
改修へ

最近のコメント

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.9